自己処理

テキトーな自己処理は、身体のいろいろなところを傷める可能性があります

ムダ毛処理を一生しない人はいないと思いますが、どのような自己処理をしているかというのは千差万別だと思います。もうすでに、自己処理によってお肌のトラブルを抱えている人も少なくないことでしょう。

 

例えばワキなどのムダ毛処理に多い剃毛。人によっては腕や足も剃毛をしている人がいるようですが、自己処理の後毛穴が黒くプツプツとかえって目立ってはいませんか?
剃毛は、クリームや石鹸などで気を付けていても肌の表面も一緒に削っていることが多くあります。これは敏感肌への道を作っているのと同じことと言えるでしょう。肌の表皮バリアが削られている状態と同じと考えられるのです。すると汗などによる肌荒れも起こしやすくなってしまいます。トラブルの起きやすい処理方法と言えるでしょう。これは、ワックスや除毛クリームなどでも同じことです。
毛抜きも取り返しのつかない、ブツブツのチキン肌になる可能性が多い自己処理方法なので是非やめるようにしましょう。表皮だけでなく真皮層まで影響を及ぼしてしまう確率も高いので、こればかりは一度なってしまうと治すのはかなり難しいと考えましょう。

 

このように、無理な自己処理を長年、もしかすると一生?続けていくとお肌が汚くなったり、取り返しのつかないことになったりすることもあるのです。自己処理を続けるのであれば肌にやさしい方法を研究して実践しましょう。できれば最近話題のサロン脱毛などで、専門家の元で脱毛するようにするのも良いかもしれませんね。